乳がん生存率



乳がんの生存率を計るときにいちばん重要視されるのは、病期(ステージ)です。


乳がんの進行度は、「
腫瘤の大きさ」と「リンパ節への転移の状態」で0期からW期までの8ステージで進行していきます。


乳がんの場合、早期で発見できれば、かなり高い生存率になってきます。


乳がんは一般的に他のがんと比べて5年生存率、10年生存率が高いがんとされています。


・ステージ1  98%乳がん生存率


・ステージ2  90%


・ステージ3  71%


・ステージ4  29%



乳がんになってしまった場合、他の癌に比べてステージ1、ステージ2の早期発見に至れば、かなり高い確率で治療することが可能です。


これはあくまで目安となりますので、治療する病院、担当医によって変わってきます。


乳がんの治療が終了した場合でも5年以降に再発する恐れもあります。


術後10年を経過したところで乳がんが治ったかどうかを判定しています。


■ステージ別進行度数


〜0期〜


乳腺の中にがんがとどまっている状態となります。


早期発見のがんで、非浸潤がんといいます。


〜T期〜


・しこりの大きさ〜2cm以下


・リンパ節への転移〜なし


・他の臓器への転移〜なし


〜UA期〜


・しこりの大きさ〜2cm以下


・リンパ節への転移〜ある場合


または


・しこりの大きさ〜2cm〜5cm



・リンパ節への転移〜ない場合


〜UB期〜


・しこりの大きさ〜2cm〜5cm


・リンパ節への転移〜ある場合


〜VA期〜


・しこりの大きさ〜2cm以下


・リンパ節への転移〜わきの下のリンパ節へ転移があり、そのリンパ節が癒着していたり周辺の組織に固定している状態。


・しこりの大きさ〜5cm以上


・リンパ節への転移〜わきの下あるいは胸骨の内側のリンパ節への転移がある場合


〜VB期〜


しこりの大きさやリンパ節転移の有無に関係なく、しこりが胸壁にがっちり固着しているか、または、しこりが皮膚に顔を出したり、皮膚が崩れたりしています。


〜VC期〜


しこりの大きさに関係なく、わきの下、胸骨の内側、両方のリンパ節に転移があります。または、鎖骨の上下のリンパ節に転移しています。


〜W期〜


しこりやリンパ節の状態に関係なく、遠隔転移があります。


骨、肺、肝臓、脳などの臓器に転移があります。




乳がんから生還!転移・再発に効果!


私は絶対あきらめない!
ガンに勝つ最新治療。サンプル・資料を無料でお送りしております。

         ↓           ↓             ↓





乳がんを治す!


フコイダン 初回限定 体感セット 今なら980円
      ↓         ↓         ↓